チンアナゴ BLoG

〜アラサー会社員チンアナゴが気になったことやオススメ、人生で役立ったことを綴るブログ〜

【Amazon】買ってよかった!オススメ製品7選 2019年総括

2019年もAmazonにお世話になりました

2019年もAmazonで大量にいろんなものを買ってしまいました。スマホがあればほぼなんでも手に入るので便利すぎます。2019年Amazonで買った中で「これ買ってよかった!」というものをランキングをつけて、1〜7位を皆さんにご紹介したいと思います。

 

 Amazonオススメ製品7選 2019年

第7位:布団掃除機

第7位は布団掃除機です。僕の入居しているマンションは線路沿いにあって入居当初から管理人さんに「線路から鉄粉とか飛んでくるから外にものは干さないほうがいいよ。」って言われていました。

服なんかは部屋干しラックでなんとかなるんですけど布団って大きすぎてなかなか難しいんですよね。それで粘着ローラーを使ってホコリとか取ってたんですけど、今年自分がハウスダスト、かつ、ダニアレルギーってことが判明してなんとかしないとって思って買いました。

僕が買った布団掃除機はこちら↓↓

この掃除機はたたき・加熱・UV機能を有していて、布団の繊維奥にあるホコリやダニを叩き出して吸引してくれて、かつ、加熱+紫外線で殺菌してくれます。Amazonのレビューもそこそこよかったので買いました。

吸引力がすごい

どっかの会社のキャッチワードじゃないですけど、本当に吸引力が凄いです。掃除機をかけてダストボックスのフィルターを覗くと、今まで粘着ローラーをかけているだけではとれなかったであろうホコリが大量についているんです!こんなホコリがついている布団の中で寝てたのかとゾッとしたくらいです。

布団の外干しができない、面倒だという人は手軽でオススメです。

 

第6位:マイクロファイバー掛け布団

また布団関係です。

僕が買ったマイクロファイバー掛け布団はこちら↓↓

以前まで羽毛布団を使用していたわけですけど冬は2枚に組まなければいけません。まずこれが面倒くさい。それに2枚にすると当然重たいんです。寝てるのになんで重りのしかかってるんだって思ってました。そこでマイクロファイバーの布団です。

薄くて暖かい

マイクロファイバーは繊維が細く空気の通り道が小さいので断熱性がとても優れています。そのため羽毛布団より薄くても同様の暖かさをキープできます。また繊維がポリエステルでできているので洗濯機で丸洗いできます。冬の掛け布団にかなりオススメです。

 

第5位:AVIOT TE-D01g

第5位はAVIOTの完全ワイヤレスイヤフォンです。僕はBluetoothイヤフォン自体はかなり前から使っていました。しかし以前使っていたPHILIPS社のTX2BTを誤って洗濯機で洗ってしまい完全にオシャカにしてしまいました。そして2台目に選んだのがAVIOT社のワイヤレスイヤフォンです。

こちらのイヤフォンを選んだ理由は3点あります。

防水性能が抜群

洗濯機で以前のイヤフォンを壊したんですからやっぱり防水性は気になるところ。こちらのイヤフォンはIPX7規格の防水機能を要していてイヤフォンの中でも最強クラスの防水機能を持っています。

高音質な音楽

このイヤフォンはaptxに対応しています。aptxというのはAndroidのBluetoothの音声圧縮方式の1つで、より高音質な音楽を耳に届けることができます。(aptxに対応しているかは音楽を流す端末にも依存します。開発者向けオプションで確認できます。iPhoneの規格はAACになります。)またAVIOT製のイヤフォンはJAPAN TUNEDと謳っているように日本人向けに音響設計されています

コスパ最強

防水性が抜群で音楽も高音質で聞くことができる、そうするとあと気になるのはその値段ですよね。このイヤフォンこんな高スペックなのにも関わらず値段が10,000円を下回っているんです。信じられないですよね。

ただ、ノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能は有していないのでそれらの機能が必要だという方はハイエンドイヤフォン(AirPods Pro等)を買うべきです。10,000円以下で音質が良いイヤフォンをご検討の方はぜひこちらの購入してみてはいかがでしょうか。

第4位Microsoft: Arc Mouse ELG-00007

4位はマイクロソフトArc Mouseです。仕事の関係上ノートパソコンを使用してあちこちに移動することが多いのですが、分厚くて持ち運ぶのに不便、かと言って薄いマウスだと使い心地が悪い。そのトレードオフ関係にある不満を解決するのがこちらのマウスです。

マイクロソフト マウス Bluetooth対応/薄型/小型 Arc Mouse ELG-00007

マイクロソフト マウス Bluetooth対応/薄型/小型 Arc Mouse ELG-00007

  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: Personal Computers
 

マウスが変形する

このマウスはちょうど半分くらいのところから折り曲げることができ、普段持ち運ぶときは直線状にして携帯、使用時に湾曲させると通常のマウスのようなホールド感があります。

電源の切り忘れがない

このマウスはまっすぐにすると電源をOFF湾曲すると電源をONにしてくれるため、普通のワイヤレスマウスと違いスイッチの切り忘れによる無駄に電池の消費がありません

自在なスクロールが可能

クリック部分がパッドのような役割も果たしているため上下左右自在にスクロールすることができます

マウスにしては少し値段が張りますが、デザインもかっこいいのでマウスを持ち歩くことが多い人にはおすすめの製品です。

 

第3位:FOSSIL GEN5 THE CARLYLE HR

 第3位はFOSSILが今年の9月に発売したスマートウォッチのTHE CARLYLE HRです。そろそろ健康にも気を使いたいということで腕につけて計測できる活動量計が欲しいなと思い、以前中国メーカーの4,000円くらいのスマートウォッチを買ったのですが、買ってからわずか1週間足らずで着けるのをやめました。なぜなら1日のうちに何度もスマホとの接続が切れるし、そもそも見た目がダサいからです。

Androidスマホとの相性が抜群

Androidスマホを愛用している場合Wear OS by Googleを搭載しているこの製品はとてもスマホとの相性がよく、安物のスマートウォッチのような接続が頻繁に切れるといった弊害が全くありません

独自にGPSを搭載

このスマートウォッチはGPSを搭載しているのでランニング時にスマホをポケットに入れて走る必要がないです。ランニングするときにスマホをポケットにしまっているとポケットの中で上下してかなり煩わしさを感じますが、GPSを搭載したこのスマートウォッチがあればそんな煩わしさから開放されます。音楽を聞きながら走りたい場合もスマートウォッチに直接音楽をダウンロードすればスマートウォッチだけで音楽を聞くこともできます

Google MapなどのAndroidアプリが使用できる

このスマートウォッチはGoogle mapも搭載しているため、場所を調べるためにスマホをいちいち取り出さなくてよくなります。他にもPlayストアを通じていろんな便利なアプリを追加できます。(オススメのアプリは別の記事で紹介したいと思います。)

flocast.hatenablog.com

見た目がかっこいい

なにより重要なのはやっぱり見た目です。アップルウォッチみたいな『スマートウォッチです』って強調していない時計らしい見た目がすごくいいです!仕事場などどんなTPOでも馴染むと思います。

逆に欠点は?

僕が思う欠点は以下の3点です。

①充電を1日に1回行う必要がある

②NFCはあるけどeliCaに非対応なのでタッチ決済ができる場所が少ない

③値段が高い

 

ただ充電は1時間もあればフル充電されます。それにバッテリー使用環境はある程度自分でカスタマイズできるため設定によっては最長2日は使用できると思います。またNFCはいずれ対応するということだそうなので僕もそれを気長に待っています。

 

第2位:SHARP KI-JX75-W

 第2位はSHARPの空気清浄機です。毎年季節の変わり目に入ると風邪を引いてしまい、特に冬は毎朝起きたら喉が痛くなる始末。これはまずいと思いながらも買い渋っていた空気清浄機をついに導入したら家の中が変わりました。

プラズマクラスター効果で風邪から解放

プラズマクラスターには発生するイオン濃度でグレードがあり上から順に"NEXT"、"25000"、"7000"とありこのモデルは中間モデルになります。部屋の大きさや求めたい性能によって推奨されるグレードが異なっており、僕はウイルスや花粉の作用を抑制したかったので中間グレードの25000搭載モデルにしました。実際10ヶ月以上使っていますが毎年恒例だった風邪を今年はまだ一度も引いていません

 

また、臭いの検知能力が非常に高く、数メートル以上離れた場所から発生した臭いもすぐに感知して消臭してくれます。逆に良い匂いもすぐに検知して除去しようとするのでアロマ等を使っている時は停止した方がいいと思います。

 

加湿効果で部屋の乾燥を防ぐ

このモデルは空気清浄性能の他に加湿機能もあります。加湿能力にもグレードがありこのモデルは750mL/hの加湿量になります。今までは冬場に暖房をいれると湿度が30%を切る事がよくあったのですが、朝起きてすぐと夜仕事から帰ってきた後の2回タンクに水を入れるだけで湿度50%以上を常にキープしています。朝起きて喉が痛くなることも無くなりました。

 

自動掃除機能でお手入れ回数激減

何よりいいのが自動掃除機能です。48時間毎に空気清浄機が勝手にフィルターにたまったホコリをパワーブラシでかきとってダストボックスにためてくれます。これによってフィルターの掃除頻度が減り、浄化能力の劣化速度も遅らせてくれます

 

欠点は?

SHARPの空気清浄機は背面から汚れた空気を収集するので壁際に設置することができません。ただ壁との距離も30cm離せばいいので問題ないと思います。

 

このモデルは2018年モデルで僕が購入した頃よりも価格がかなり安くなっているので値段的にもお得だと思います。また2019年の最新モデルから加湿に加えて除湿もできる空気清浄機がラインナップされていますので除湿も欲しいという方はそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

SHARP除湿機兼加湿空気清浄機 KC-HD-70-W

 

第1位:Neato Robotics Botvac Connected

 第1位はNeato Roboticsのロボット掃除機です。ロボット掃除機は本当に生活を変えます。掃除を勝手にしてくれるので休日の過ごし方にかなりの余裕が生まれした。

このロボット掃除機の特徴を紹介します。

 

カーペットに強い

ロボット掃除機と言えばiRobotのルンバが定番ですが、なぜNeatoのロボット掃除機を選んだのか、その理由はカーペットの掃除に適しているからです。僕の家は床が全面カーペットになっているためカーペットに適したロボット掃除機を探していました。このBotvac Connectedには他のロボット掃除機と異なりスパイラルブレードブラシというブラシが付属していて、そのブラシが絨毯やカーペットをかきとるような構造になっているんです。家の中がカーペットで敷き詰められている家にはかなりオススメです。

 

形状がD型

よくある円形状とは異なりNeatoのロボット掃除機は特殊な形状をしていて前方が四角で後方が丸いアルファベットの"D"のような形になっています。この形状により他のロボット掃除機と比較して部屋の隅や壁際の掃除に優れています

 

レーザーマッピングによる最短時間の掃除が可能

ルンバの最上位機種以外の多くのロボット掃除機はカメラによるマッピング処理をしていますが、Neatoのロボット掃除機はレーザーによるマッピング処理を行っています。そのため大事な家具や家電等にロボット掃除機がぶつかり傷つける心配が抑制されます。加えて暗い部屋の中の掃除も可能です。またレーザーによる位置情報の検知により最適な掃除ルートを通ってくれるため、掃除にかかる時間を最小限に抑えられます。掃除したマップ情報も対応するスマホアプリで確認することができるため掃除残しがないかどうか確認できます。

 

磁気テープで掃除機の停止を防止

多くのロボット掃除機は高さが10cmほどあるのでそれ以下の高さの場所には侵入できません。そして高さがちょうど10cmくらいの隙間にロボット掃除機が侵入して停止することが多々あります。そこでロボット掃除機大手各社は侵入を規制する付属製品を出しています。

 

例えばiRobotではバーチャルウォールという赤外線を発生してルンバの侵入を防ぐ製品があるのですが、この製品は筒状であるため、ロボット掃除機が停止してしまうような微妙な高さの場所に引く規制ラインをギリギリに設置することができません。対してNeatoのロボット掃除機の侵入規制方法は厚さ1cm程度の磁気テープで行うのでロボット掃除機が停止してしまいそうな絶妙な高さの隙間でも規制ラインをギリギリにセッティングできます

 

唯一の欠点は対応するスマホアプリのトラブルシューティングが英語表記だということです。英語自体は簡単な文で書かれているので問題ないと思いますが、英語が全く受け付けないという方は大人しくルンバを買うことをオススメします。

 

まとめ

以上が、2019年の僕がAmazonで購入して良かったと思う7選です。この中でもし気になる製品があったら一度詳しくみてみてください。