チンアナゴ BLoG

〜アラサー会社員チンアナゴが気になったことやオススメ、人生で役立ったことを綴るブログ〜

【スマートウォッチ】Wear OS by Googleに入れときたいアプリ

コレを入れとけば間違いなし!オススメのスマートウォッチアプリ

一昔前まで「電池が一日もたない」、「動作が重たい」、「用途がそもそも少ない」という問題があってスマートウォッチはApple Watch以外は使えないというイメージがありました。しかし、スマートウォッチが普及し始めて約5年が経ちAndroid用スマートウォッチも電池容量やCPUがかなりグレードアップしています。


それと同時にスマートウォッチ用のアプリもGoogle Playストアにかなり普及しています。今回はスマートウォッチ用の便利なアプリを紹介していきたいと思います。


Wear OS by Googleオススメアプリ

Google Maps


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.maps
まずはおなじみのグーグルマップです。現在発売されている最新のスマートウォッチはそれ自身にGPSとスピーカーを搭載していることが多いです。そのためグーグルマップが非常に役に立ちます。

スマートウォッチでナビが可能

皆さんも行きたいお店等の場所がわからない時にグーグルマップのナビを良く使用すると思います。でも冬にわざわざポケットやカバンからスマートフォンを取り出してマップを起動して、目的地までの経路を逐一確認するのって面倒臭くないですか?それをスマートウォッチは解決してくれます。


①音声でマップ起動→②音声で場所検索→③ナビ開始 これだけです。
しかもスマートフォンの方にも同期してくれます。逆にスマートフォンで場所を調べてスマートウォッチでナビすることもできます


またスピーカーを消していたとしても分岐点に来れば振動で知らせてくれるので頻繁にスマートウォッチを見る必要もありません。歩きスマホが問題になっている今、スマートウォッチで行き先をナビゲーションするのかなりオススメです。


Google keep


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.keep
2つ目のアプリもGoogleのアプリでGoogle keepです。別のメモ帳アプリを使っている人はすぐにGoogle keepに変えたほうが良いってほどオススメです。


スマートフォンを取り出す手間をなくせる

Googleアカウントを統一すればスマートフォン・タブレット・スマートウォッチ等のあらゆる端末で、メモしているテキスト・画像・イラストを共有することができます。買い物リストやチェックリスト等いちいちスマートフォンを取り出して確認する必要がなくなるため、僕も重宝しています。


ジョルダン乗換案内


https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.jorudan.nrkj
3つ目のアプリはジョルダン乗換案内です。


満員電車で大活躍

乗り換え案内のアプリは複数ありますが、なぜジョルダンなのか。それは①情報が見やすい、②無料でスマートウォッチに転送できる、からです。スマートフォンからの転送方法は下の図の様に簡単です。


例.新宿から鎌倉まで行く場合
f:id:flocast:20191211221402j:plain:w300
こんな感じでスマートウォッチに情報を転送してしまえば、たとえ満員電車の中の様なスマートフォンを取り出しづらい場合でも腕を見れば乗換情報を確認できるため、乗換駅で焦る心配もありません。


Sleep as Android


https://play.google.com/store/apps/details?id=com.urbandroid.sleep
Fitbitなど睡眠記録機能を元々有しているスマートウォッチでは必要ないですが、Wear OS by Google連携用の睡眠トラッキングアプリとしてはこちらのアプリがオススメです。
※試用期間の2週間を過ぎると有料(400円)になるので注意が必要です。


多機能で睡眠レベルを評価

このアプリは加速度センサー・心拍数・光・音声などを用いて睡眠の質を4段階(目覚め・REM・浅い睡眠・深い睡眠)に切り分けています。


スマートフォンの加速度センサーでも評価は可能ですが手に装着している分、より精細に加速度センサーが働く上、心拍数もトラッキングできるため、より正確に睡眠の質を判断することが可能です。ちなみにスマートフォン側ではソナー(超音波)を発信して検知することも可能です。


スマートウェイクアップによる快適な目覚め

この機能はだいたい起床時間とスマートウェイクアップ開始時間(起床時間の何分前から開始するか)を設定することで、アプリが睡眠状態を解析して設定した時間内で眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれるため、スッキリした朝を迎えることができます。


更に起床確認モードという機能もあるので二度寝も防止することができます。

日本初!スマホひとつで最適な高さを計算AI枕「Dr.Layer(ドクターレイヤー)」

ノイズ録音ができる

このアプリはノイズを録音することができ、自分がいびきや寝言を喋っているかどうかを確認することができます。感度も自分で設定でき、いびきを検知したときに振動や音で知らせてくれる機能もあります。


データを統計化してくれる

アプリ内でデータを集計しグラフ化してくれるため、自分が何時に寝て何時間寝れば質のいい睡眠を取ることができるのかを教えてくれます。その情報を元にアプリで入眠時間を設定すれば毎日を快適に過ごすことができます。


自分で睡眠状態がどうであったかを5段階評価で付けることもできるので、例えば頭痛持ちの人にはどういった場合に頭痛が起きるのかを判断する一種の指標にもできると思います。


Fitbit製Wear OSを待つのもあり

先日FitbitとGoogleが提携するという話もあったので、今後は標準アプリとしてWear OS by Googleに睡眠トラッキングアプリが搭載されたものが発売されるかもしれないのでそのスマートウォッチを待つというのもありです。


Androidスマホをお持ちの人はオススメ

以上、オススメスマートウォッチアプリの紹介でした。Androidスマホを持っている方は普段スマホで使っているアプリと連携できたり(僕の場合はロボット掃除機アプリやPower amp)何かと便利なんでWear OS by Googleのスマートウォッチはかなりオススメです!