チンアナゴ BLoG

〜アラサー会社員チンアナゴが気になったことやオススメ、人生で役立ったことを綴るブログ〜

【宝くじ】ロト7には実は当たりやすい数字が存在した!?(結果追記)

毎週が年末ジャンボ!?
年末の催し物の一つと言えば年末ジャンボ宝くじですよね。1等の金額も年々上がって今や前後賞含めて10億円です。

もちろんその分1等の当選確率は1000万分の1という超低確率なわけですが、普段ギャンブルをしない僕、また今年も買ってしまいました…。頭の中ではギャンブルの中で一番期待値が低い部類だっていう現実を分かっているんですが、やっぱり現実味のない金額にワクワクしてしまうんですよね。

実は、もう一つ宝くじで1等が最高で10億円もらえるジャンルがあるんです。それは『ロト7』です。ロト7は毎週金曜日に抽選があるので毎週年末ジャンボが来てるのと同じ驚愕な宝くじなわけです。

毎週ワクワクできるじゃん!ってことでロト7についてちょっと調べてみました。

ロト7には当たりやすい数字があるのか?

ロト7の数字の選び方

ロト7は1〜37の数字の中から重複しない好きな数字を7つ選ぶくじで、抽選日には7つの本数字と2つのボーナス数字合わせて9つの数字が順に選出されます。
f:id:flocast:20191215154318j:plain
ロト7の仕組み
1等は本数字が全て一致する確率になるのでだいたい1030万回やって1回あたる確率になります。ロト7もまた年末ジャンボ並に当たらないわけです。そりゃそうですよね…

しかし、年末ジャンボと違って数字は自分で選べるわけです。ということは何かしらの傾向があれば自分で対策できるかもしれない!と思いますよね。

ロト7の抽選方法

抽選方法は宝くじの公式サイトに中継動画が上がっていました。
www.takarakuji-dream.jp
簡単に抽選方法を説明すると

  1. 球の試験(球に不正がないかをチェック)を1球ずつ実施。
  2. 1〜37の番号のついた球をでかい装置に投入してドラム式洗濯機みたいにかき混ぜる。
  3. 遠心力で回転させて1球取り出す。それを計9回実施。

見た感じ人間の恣意的な介入はむずかしそうです。ということは本数字に選ばれる確率は基本的に約19%のはずで、1〜37の各々の数字がそこから大きく逸脱していなければ対策できません。

実際に調べてみた

2019年12月15日現在、ロト7は第347回まで実施されています。現段階までで本数字に選出された確率を各数字で表にしてみました。
当選番号を参照したのはこちら↓↓
http://sougaku.com/loto7/data/list1/
f:id:flocast:20191215190504j:plain
各番号と選出確率
見てわかる通り選出された確率が高いものと低いものとで8%以上の差があります。これって結構な差ですよね。だいたい12回の抽選で1回分選出差が発生するということになるわけです。

でも確率的に言えば、差が迫る方に収束するはずだから確率が低い方を買うべきではないか!?という考え方もあります。ということで、確率が大きかった『9,15』と確率の低かった『33,37』の100回毎の選出確率の変化を調べてみました。

f:id:flocast:20191215215204j:plain
100回毎の確率
この表を見て分かるとおり、平均して確率が高い低いというよりも出るときは固まって出る、出ない時は全く出ないという傾向が非常に強いみたいですね。

当選確率の高い数字の選び方

統計結果から考えると総合回数の確率が高いor低い数字を選ぶよりも、直近50〜100回で出た確率が数字をその直近の確率と照らし合わせて数字を選び、それとその他の数字を組み合わせるというのが一番当たりやすい方法だと考えられます。

ちなみに第301回から第347回までの選出数が高い数字は
1位:17 18 (14回)
3位:10 11 30 34 (13回)
7位:27 28 31 (11回)
です。

ロト7を購入しようとしている方は、検討方法の一つにでもしてください。ちなみに先程上で貼ったサイト等も確率統計を使用して数字を予想していますので下記サイトも参考にしてみてはいかがでしょうか。
ロト7生活(LOTO7の総合情報サイト)
ロト7(LOTO7) よく出ている数字分析-楽天×宝くじ
ロト7予想鑑定


(追記)
第348回分を5枚買ってみた結果、5等が1枚ありました。
7個中4個数字が当たっている&1番頻度の高かった17と18が選出されたところを見ると、やはり当てずっぽうよりも確率で考えて数字を選出した方が当選確率は上がると思います。