チンアナゴ BLoG

〜アラサー会社員チンアナゴが気になったことやオススメ、人生で役立ったことを綴るブログ〜

【キャッシュレス決済 オススメ】これから1番得するサービスはどれ?

f:id:flocast:20191218134222j:plain
PayPayやLINE Pay等をはじめ、いろんなサービスが乱立しているキャッシュレス決済。今は多くの方が使われていますよね。
その背景にはキャッシュレスによる消費税の軽減や各サービスが行っているキャンペーンが大きいと思います。

でも逆にキャッシュレス決済のサービス会社が多すぎて、未だにどのキャッシュレスサービスを使うのが自分に合っているのかがよく分からない、そういう方も多いのではないかなと思います。

そんなあなたにオススメなのはクレジットカードで前払いチャージするキャッシュレス決済です。

オススメのキャッシュレス決済方法

なんでクレジットカードの前払いチャージがオススメ?

ではなんでクレジットカードによる前払いチャージがおすすめなのか、以下に理由を説明します。

クレジットカードがオススメな理由

まずクレジットカードがオススメな理由は単純です。これはもちろんクレジットカードのポイントも貯まるからです。

そのポイントで何か商品を買うも良し、カードの使用額の補填にするも良し、使い方は自由ですが明らかに口座振込や現金チャージ式にないプラスαが得られます。

前払いチャージがオススメな理由

前払いチャージをオススメする理由は2点あります。

1点目は金額を意識せずにどんどん使ってしまう人や、それが怖くて今までクレジットカードを使うことを躊躇っていた人(高齢者に多いのではないでしょうか)も前払い式ならば使用額を調整できて節約に繋がる点です。

2点目は各決済サービスのポイント還元が終わった後の話ですが、2020年の9月から政府がキャッシュレス決済とマイナンバーカードとの組み合わせによる25%のポイント付与を検討しているからです。

このポイント付与は最大2万円チャージまでに対応しているそうです。例えば最大の2万円分をチャージすると5千円分のポイントがもらえるという仕組みになっています。これは製品を常に20%オフで買っているのと同じです。使わないと損です。

とは言ってもマイナンバーカード自体持っていないという方もいると思います。こんなことを言っている僕もまだ持っていません。申請方法は「郵送」、「スマートフォン」、「PC」の3つあります。

申請方法は下図のようになります。(参照:オンライン申請手順|個人番号カード交付申請)
f:id:flocast:20191218120133j:plain
郵送の場合はマイナンバー通知カードに同封していた交付申請書に署名記入、または捺印をして顔写真を貼付してポストに投入するだけ。

スマートフォンやPCによる申請はコチラにアクセスして、①メールアドレス②スマホやカメラで取った写真③必要事項を記入して登録するだけです。

後日、交付通知書が届いたら身分証明書を持って各自治体に行き、そこで暗証番号を決めたらマイナンバーカードを受け取ることができます。基本的に受け取りは平日ですが、自治体によっては電話予約すれば土日に受け取ることができるところもありますので、そちらは各自で確認してみてください。

どのキャッシュレス決済サービスがオススメ?

2020年1月現在『楽天Pay』と『Pay Pay』の2つだけがクレジットカードの前払いチャージに対応しています。その中でよりオススメなのは楽天Payです。

その理由は楽天Payは前払いチャージに対応するクレジットカードが多いからです。(楽天Payは楽天カードなら全て、その他カードならVisa、Mastercardに対応しています。)

その反面、現在のところPayPayはヤフーカードのみ(本人認証済み)対応となっています。

というわけでヤフーカードを持っていない方は楽天Payが無難だと思います。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!
楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

まだ使っていない人はとにかく切替を早くしたほうがお得です

以上が僕のオススメのキャッシュレス決済方法でした。

まだキャッシュレス決済を使っていない方は、ぜひ参考にしてみてください。現在も各社キャンペーンを実施しているところが多いので来年9月を待たずに早めに取り入れることがオススメです。

その他サービスも今後同じようなチャージ方法を採用したり、対応クレジットカードの種類を増やしてくれるかもしれません。今後の各社の動向も注視していきたいですね。