チンアナゴ BLoG

〜アラサー会社員チンアナゴが気になったことやオススメ、人生で役立ったことを綴るブログ〜

【注意】Twitterの副業・フリーランスアカウントからのDMは9割が詐欺

「Twitterの副業やフリーランスアカウントでDM送ってくる人にろくな人がいない」

このブログのためにTwitterを開設してから10日くらい経った今、思ったことが上の感想です。

もちろん本当にありがたいことをおっしゃってくださる方もいました。
でもそういった人はごく少数で、はっきり言って9割以上の人はろくでもないです。

なんで僕がこういう風に感じてしまったか、事例を出しながら説明します。

”これから副業を始めてTwitterを利用しよう”と思っている人の助けになれば嬉しいです。

Twitterの副業アカウントからくるDMは9割が詐欺

実際にどんなDMが来たか

詐欺働いてるなと思う人達でも普段のツイートは結構良いことを言っています。例えば「やろうと思ったらすぐに行動して、失敗してでも経験を増やすことが大事」とか。これは実際に成功者も同じようなことを言っていますし、正直僕もそうだなと思います。

でもDMは信用性がありません。なぜ僕がこう感じてしまったのか、実際に僕に来たDMをパターンを分けて紹介します。

ほぼ同じ文章が送られてくる

まずはこれです。下の画像は実際に異なる2人から送られてきたDMです。
f:id:flocast:20191227121443j:plain
どうですか?ちょくちょく言葉を変えているとは言え、ほぼ同じですよね。もちろんどちらもお断りいたしました。本当に良い事業をやっているかもしれないじゃん?って思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。でも僕がそういう立場・人間であるなら自分の思いは自分の言葉で書きます。

やたら電話したがる

同じ文章が送られてくることと重なる部分がありますが、やたらと電話をしたがるメッセージもいくつか来ました。それが下のようなメッセージです。
f:id:flocast:20191227133134j:plain
僕はブログを始めたばかりですし、相手が副業やフリーランスをやる上で役に立つ有益な情報なんか持っていません(そういった情報を集める習慣をつけるようにしていますが)。よっぽどマナブさん(マナブ@バンコク (@manabubannai) on Twitter)等の実際に成功している人のYouTubeやブログを見て実践したほうが有益です。

つまり一方的にこちらが情報を享受する立場にも関わらず電話するという行為は、相手側からすれば時間が取られるだけでデメリットでしかありません。だとすると相手側のメリットはマルチ商法やアフィリエイト等に引き込む事しかないわけです。(偏見かもしれませんが)

副業に関する有益な情報をなぜか無料で提供してくれる

僕個人の意見ではありますが、有益な情報を無料で提供すると言ってくる人にろくな人はいないと思っています。なぜなら情報が無料ということ自体が信じられないからです(YouTubeだって広告収入がありますし、Jスコアも情報の売買です)。情報は立派なビジネス商材です。僕ならそんな簡単に無料で提供するなんて言いません。

まずこの人達の最大の特徴は個人の公式LINEに誘導してきます。会話の中で自然に出してくる人もいますが、中にはメッセージに無理やりねじ込んで送ってくる人もいます。下のような感じです。
f:id:flocast:20191227143843j:plain
検証として公式LINEに一度申し込んでみたら、こういうものが送られてきました。
f:id:flocast:20191227144115j:plain:w300
いやいやコレは・・・
「WORTH 副業」でみなさんも調べてみたら分かりますが、すぐにこちらのブログが出てきます。
https://sagicorori.com/vrtual-currency/worth/
書かれている内容はWORTHがドス黒な詐欺ビジネスだということです。

公式LINEに登録しただけでは影響はありません(あったらLINEが取り締まるでしょう)。ただし、こういったURLが送られてきた場合は安易にURL先を踏まず絶対に調べつくしましょう。

情報は自分で取りにいくのがベスト

以上のように、Twitterで相手側から来る甘い蜜のようなメッセージはろくなものがありません。もちろんこの中には善意の塊の聖人のような人がいるかもしれません。

でも手口が同じすぎる上に、聖人であればツイートで発信した方がいいと思います。そうすればより多くの人に届くと思います。僕が聖人ならそうします。やはり有益な情報を得るには自分で取捨選択して自分から取りに行く、これが重要だと思います。ある程度お金はかかりますし楽ではないですがこれが一番です。自分で選んだものならたとえ失敗しても納得できます。

もちろん相手側から送られてくる情報が実際に有益なものもあると思います。しかしそれを利用する際は「覚悟をもって臨む」「根拠となる情報を掴む」等の自分の意思や情報を介してからにしましょう。