チンアナゴ BLoG

〜アラサー会社員チンアナゴが気になったことやオススメ、人生で役立ったことを綴るブログ〜

【比較】Surface Pro X と Surface Pro 7 どちらがお買い得?

f:id:flocast:20200118212611j:plain
ここ数年、ノートPCとタブレットの両機能を有した2-in-1ノートPCが凌ぎを削っています。

その中でもMicrosoft社のSurfaceは持ち運びやすさ×デザインの洗練性×書き心地の良いSurfaceペンにより抜群の人気を博しています。

1/14に新しくSurface Pro Xが発売されましたが、Surface Proシリーズで言うと昨年の10月末にもSurface Pro 7が発売されています。

Surface Proの購入を検討している人は
「やっぱり後から発売されたSurface Pro Xの方がいいの?」
「それじゃこんな直近でSurface Pro 7を発売した理由は?」

と疑問に感じて、どっちを買うべきか迷ってしまいますよね。

結論から述べると

【Surface Pro Xを買うべき人は】

  • 外出中のPC作業時にいつでもインターネット環境が欲しい人
  • バッテリー保ちや充電速度を優先する人
  • いろんな場所でSurfaceだけを持ってスケッチ作業がしたい人


【Surface Pro 7を買うべき人は】

  • CPUスペックを優先する人
  • microSCカードや有線イヤフォン&ヘッドフォンを使いたい人
  • 通信速度を求める人(Wi-Fi6対応PCが欲しい人)


という感じです。
それぞれのスペックを比較して具体的に説明していきたいと思います。

Surface Pro X VS Surface Pro 7

スペック比較

【本体サイズ・重さ】

Pro Xは
サイズ:287×208×7.3mm (幅×奥行き×厚さ)
重量:774g

Pro 7は
サイズ:292×201×8.5mm (幅×奥行き×厚さ)
重量:775g or 790g  (搭載CPUにより異なる)

比較するとPro Xの方がコンパクトで軽いということになりますが、サイズは1cm未満の差、重量も20g未満の差ということで気にする程の差ではなく、どちらも十分にコンパクトで軽いです。

【ディスプレイ】

Pro Xは
ディスプレイサイズ:13インチ
解像度:2880×1920(267PPI)

Pro 7は
ディスプレイサイズ:12.3インチ
解像度:2736×1824(267PPI)

比較するとPro Xの方がディスプレイサイズが大きいです。Pro Xの方が本体サイズが小さいのにも関わらずディスプレイサイズが大きい理由は横幅のベゼルがPro 7よりも薄いからです。

解像度に関しては気にする程の差はないと思います。PPI(1インチあたりの画素数)が同じなのでもちろんPro Xの方がいいですが、どちらもFull HD以上の画質です。

対角方向で約2cmの差しかありませんが、そのごく僅かな差でも画面が大きい方がいいという方はPro Xがオススメです。

【CPU】

Pro Xは
Microsoft SQ1(Qualcomm Snapdragonベース)

Pro 7は3つの選択肢があります。
2コア第10世代 Intel Core i3-1005G1 または
4コア第10世代 Intel Core i5-1035G4 または
4コア第10世代 Intel COre i7-1065G7

Geekbench4(コチラHome - Geekbench Browser)のWindows64bit環境におけるマルチコアの最高結果を参考にして各ベンチマーク点数を比較すると

Pro Xは約11000

Pro 7は
Core i3の場合が約9000
Core i5の場合が約17000
Core i7の場合が約19000です。

PCの処理能力はCore i5以上のCPUを搭載すればPro 7の性能はPro Xの約2倍という結果になります。

参考にハイエンドスマホが現状でスコア約10000程度なので、PCにそれよりも優れた性能を求める方はCore i5以上のPro 7を購入するのがオススメです。

【メモリ】

メモリはどちらも同じLPDDR4x RAMが使用されており

Pro Xは
8GB、16GBから選択が可能です。

Pro 7は
4GB(Core i3)、8GB(Core i5)、16GB(Core i5 or Core i7)と搭載CPUによりメモリが決まっています。

メモリに関しては単純に比較できません。ただしPC作業をする人はマルチタスクをする場合が多いと思います。Surfaceが欲しいけど何よりも価格を優先したい方で無い限り、8GB以上のメモリを搭載したものをオススメします

【ストレージ】

どちらもストレージはSSDを使用しているため書き出しや読み込みはHDDよりも速いです。各ストレージ容量は下のようになります。

Pro Xは
128GB(メモリが8GB)
256GB(メモリ8GB or 16GB)
512GB(メモリが16GB)

Pro 7は
128GB(Core i3 or Core i5/メモリ8GB)
256GB(Core i5/メモリ8GB or Core i5/メモリ16GB or Core i7)
512GB(Core i7)
1TB(Core i7)

となっており、ストレージはどちらもCPUやメモリによって搭載できる容量が異なります。またPro Xに限ってはストレージの交換が可能です。

Surfaceの処理能力では動画を編集するなどの重たい作業はそもそも向いていないので、処理は簡単だけどすぐに取り出したい重たいデータがいっぱいあるという人以外はストレージ容量は256GBで十分だと思います。

また動画などの重たいデータのバックアップをクラウドではなく物理デバイスで取っておきたいという方は、Pro 7にはmicroSDXCカードリーダーがついていますし、外付けSSDもけっこう安価で手に入るのでそちらをオススメします。



【バッテリー能力】

Pro Xは
駆動時間:13時間(Microsoft公表の通常使用時での作動時間)
充電速度:1時間で最大80%の充電が可能(ただし充電電力60W以上、かつ、充電温度25〜35℃で)

Pro 7は
駆動時間:10.5時間(Microsoft公表の通常使用時での作動時間)
充電速度:Microsoftでは高速充電の対照にはなっていませんがコチラのサイト(the比較 - パソコンやセキュリティソフトの比較レビュー&おすすめ)によると1時間で70%の充電が可能だということ

比較するとバッテリー能力はPro Xの方が優秀だということがわかります。

【ネットワーク環境】

Pro Xは
Wi-Fi5(802.11ac)対応 + LTE Advanced Pro対応

Pro 7は
Wi-Fi6(802.11ax)対応

Wi-Fiに関してはWi-Fi6の方が新しい規格ですので通信環境にもよりますが(例えばルーターがWi-Fi6に対応している等)、Pro 7の方がWi-Fiによるデータ通信速度が速くなる可能性が高いです(最高の通信環境で約1.5倍の差)。

対してPro XはLTEが使用可能です(別途契約が必要です)。そのためPro XはWi-Fiの無い環境でもPC本体のみでインターネットにアクセスできます。またLTEのモデムも最新のAdvanced Proですので搭載アンテナが多い分、普通のLTEよりもデータ通信速度が速いです(イメージは5G通信一歩手前の4G通信と考えていただければ)。

【外部端子】

ProXは
USBタイプC×2、Surface Connectポート、nano SIM、Surface Dialのオフスクリーン操作対応

Pro7は
USBタイプC、USBタイプA、Surface Connectポート、Surface タイプカバーポート、ヘッドフォンジャック、microSDXCカードリーター、Surface Dialのオフスクリーン操作対応

見て分かるとおり他デバイスとの接続性はPro 7の方が圧倒的に優れています。Pro XのLTE接続ができるメリットがありますが、Pro 7にはそれに余りある他デバイスへの対応性があります。特にSDカードや有線イヤフォンやヘッドフォンを使う方は迷う余地無くPro 7です

【Surfaceペン、キーボード】

Surfaceシリーズは別売りでタッチペンとキーボードが発売されています(これが無ければただのタブレットです)。

Pro 7は従来のSurfaceペンとキーボードを使用しますが、Pro Xは新たにSurfaceスリムペンとSurface X用のキーボードを使います。このSurface X用のキーボードはスリムペンを収納することができ、更にスリムペンをキーボード内で充電することができます

そのためペンを含めた携帯性はSurface Pro Xの方が優れていると言えます。
スケッチが主な使い道で時々パソコン作業をするという人はPro Xがオススメです。

個人的にはPro 7の方がオススメ

以上のスペック比較から
【Surface Pro Xを買うべき人は】

  • 外出中のPC作業時にいつでもインターネット環境が欲しい人
  • バッテリー保ちや充電速度を優先する人
  • いろんな場所でSurfaceだけを持ってスケッチ作業がしたい人

【Surface Pro 7を買うべき人は】

  • CPUスペックを優先する人
  • microSCカードや有線イヤフォン&ヘッドフォンを使いたい人
  • 通信速度を求める人(Wi-Fi6対応PCが欲しい人)

という結論になります。

ただ僕個人としてはPro 7(ただしCore i5以上)の方がオススメです。

Pro Xが本領を発揮するのはネット環境・充電環境のない外出先で使用する場合やペンの携帯性ですが、その他の多くの機能は同等かPro 7の方が優れています。

外出先でPCを使う人は主にカフェや新幹線・飛行機などの移動時ではないかと思います。こういった場所は充電環境が整備されていることが多く、Wi-Fiも使える場合が多いです。無料Wi-Fiのセキュリティを気にされる人はポケットWi-Fiを持っている人はそれで事足りますし、持っていない人もスマホのテザリング機能を利用すればLTEに接続できます。

また、ペン自体も収納性や充電性は上がりますがその他の機能が飛躍的によくなったわけではありません。

それよりもPro Xを使った場合、単純にPCの処理能力の低さにストレスが溜まってしまうのではないかと思います。

価格を考えた場合の一番のオススメは
Surface Pro 7 Core i5搭載/8GB RAM/256GB SSDです。
(¥153,780 ※キーボード・ペン別売)

新しくSurfaceの購入を考えている人は参考の一助にでもどうぞ。